花束220

tissue

036-僕とLineage2_31:赤槍漲るアイン月報12月度-2

自販機に「あったか~い」と「つめた~い」が混在し、1月とは思えない麗らかな気温の昼下がり。

正月休み明け一発目の「くそだる~い」会議にて、誤字率の高さに辟易としている風を装いつつ、僕は資料の片隅に延々と黒豆を模写していた。

文末に続く。 

f:id:TomCruise:20160106005240p:plain

以下、ひたすらDV画像。

 

1.野良PTにて

f:id:TomCruise:20160106005721p:plain

Wizさん多目の範囲PTに参加。 

さぁ、スタンを決めたから安心して範囲をぶっ放すんだ! 早くしないと!スタンが解けると危ない!(僕が)

 

 

2.野良PTにて 2

f:id:TomCruise:20160106010348p:plain

早くしないと…って、Wiz強い。危ないのは僕のチャットゴバ率のみでした。

 

クラチャで発言 > PTチャットで発言しようとしてクラチャにゴバる > 改めてPTチャットで発言 > クラチャで発言しようとして今度はPTチャットにゴバる > これを何度もループ......あると思います。

 

そう言えば、前回の記事に載せた「リネ2の海外討論番組」に関しても、野良PTで盛大にゴバりました。学ぼう、自分(抱負)

 

 

3.土曜の朝は寝具PT

f:id:TomCruise:20160106011858p:plain

以前に何度かお邪魔している、某寝具血盟さんの野良範囲へ久し振りに参加。レベル差の都合でこれが最後の参加になりそうな予感がひしひしと。

この時はMP減らないマン(改良オル耳持ちのWizさん)が居たので、引きの量がはんぱなくてめっちゃ必死でした。

 

 

4.寝具PT その2

f:id:TomCruise:20160106013251p:plain

バシャーンと濡らして、

 

 

f:id:TomCruise:20160106013338p:plain

ピキーンと冷やして、

 

 

f:id:TomCruise:20160106013414p:plain

どかーんと炙る。

それでもMP減らないマン。

 

 

5.当血盟のDV範囲

f:id:TomCruise:20160106013859p:plain

引き盾がヘイトオーラを決めて~、WLがTSを決めて~、オバロが範囲デバフ各種を決めたのち~、みんなでひたすらポコポコ殴る。

オバロ・ウォクラの緑2枚看板に加え、シリとプロフは居るもののエルダーとビショはいない(毎度)

クラハンなので弓でも短剣でもグラでもjob特性なんて一切気にせず、参加できる人は誰でもウェルカムのこんなクラハンが大好きな僕です。デストさんが誕生して緑も更に増えたし、クラハンほんと楽しい。

 

でも、僕の槍がPAではなくOPAだったら、もうちょっとシリさんの負担が減って更に楽しくなるのだろうか…

 

 

6.てな事を考えてたらクラメンから赤槍が。

f:id:TomCruise:20160106021056p:plain

うーん…

 

f:id:TomCruise:20160106021458p:plain

赤い…。

これを持ったままギランに帰還する勇気が無い僕は、ラス引きを片付けると光の速さで返却トレードを実施したのでした(チキン万歳)

赤い武器を装備したのはライブとクラ鯖を通してこの時が初だったので、常時テンションMAXでした。貸してくれた某さんに心から感謝。

 

 

7.当血盟のDV範囲 その2

f:id:TomCruise:20160106022611p:plain

赤い槍に加え、ビショフレさんの参加で更にテンションMAXな某日。

気を惹いて、痺れさせて、黙らせて、縛りあげる。当血盟のDV範囲はそんな感じのプレイです(プレイ言うな)

 

 

8.時には再奥で単体乱獲。

f:id:TomCruise:20160106023513p:plain

短剣さんがブローをズガーン!

こちらも負けじとスタンをズガーン(スタンかからず)…そんな日々です。

 

 

以上、アイン月報12月度-2、でした。

以下、黒豆リターンズ。

f:id:TomCruise:20160106024741p:plain

 

自販機に「あったか~い」と「つめた~い」が混在し、1月とは思えない麗らかな気温の昼下がり。

正月休み明け一発目の「くそだる~い」会議にて、誤字率の高さに辟易している風を装いつつ、僕は資料の片隅に延々と黒豆を模写していた。

 

僕の祖母が作る黒豆は ”ふっくらつややか" で皺ひとつ無く、浸透圧の概念はもちろん、その言葉自体を知らない人間が作ったとは思えないほどに、” ふっくらつややか” で美しい黒豆………ではない。

 

皺が入りまくったうえにガチガチで、頭が割れそうなくらい「くそあま~い」、いかにも保存食といった感じの黒豆なのである。

 

「おばあちゃん、これバニラアイスのトッピングに最高なんじゃ!?」

 

 「おばあちゃんラムレーズンが好きだわ~。」

 

親戚一同「ま、まめ繋がり?おばあちゃん冴えてるー!」

 

 「いや、おばあちゃん本当にラムレーズンが好きなの。」

 

※オチません

f:id:TomCruise:20150813052758p:plain